生活見直しで不妊症を改善

curative

毎月、生理はちゃんとあるのに排卵が行われていない状態のことを「無排卵月経」といいます。無排卵月経は排卵障害の一つで不妊の原因につながります。
この無排卵月経にはさまざまな原因があります。特に脳の中枢部分や卵巣機能の異常が原因ではないかといわれています。これらの機能に異常があると生理不順や無排卵月経を引き起こすのです。
生活習慣の乱れがその原因でもあります。無理なダイエットや不規則な生活、冷えによる血行不良や睡眠不足などが挙げられます。
また強いストレスを抱えてしまうことによって無排卵月経になることもあります。
血液検査を受けることで、無排卵月経なのかを調べることができます。気になる人は婦人科で検査を受けましょう。

検査をしなくても無排卵月経を見つけることができます。無排卵月経の人には特徴があるのです。
例えば、生理は来るけれど周期がバラバラという人がいるのではないでしょうか。
生理周期が早く、24日以内で月に複数回生理がくる人もいれば、反対に周期が39日以上で年に数回しか生理がこないなどの症状があるそうです。
この症状を放置してしまうと月経がこなくなる「無月経」になる可能性があります。
また、生理の出血量が少なくダラダラ続くことも無排卵月経かもしれません。他にも生理痛がない女性がいます。
ラクだと感じるかもしれませんが無排卵月経の可能性があるので気を付けましょう。
この症状を改善するために一般的に「クロミッド」を処方されるようです。生活が不規則と感じているのならば、服用しながら生活の見直しも同時に行っていきましょう。